PSDファイル変換ツール siTweak

Powerd by saradimg.dll

 

 

PSDファイルの書き出しができます。

ゲーム制作や組み込みソフト、Webコンテンツ用の画像の作成に。

PSDファイルの各レイヤーを切り出して.psd,.bmpなどの画像部品を生成します。
 
インデックスカラー化や色深度の変更など、高画質な減色処理ができます。
 
アルファチャンネルなどの透過情報を高度な処理を行い、ご使用の用途に合った形に変換します。
 
PSDファイル内の座標情報を書き出します。
 
レイヤー画像をアトラス画像にパックして書き出すことができます。
 
エクスプローラでPSDファイルのサムネイル表示が行えます。(I/F準備中、すぐに使いたい場合はサポートを受けてください)
 
ほかにも ・・・

シンプルな見た目からは想像できないパフォーマンス!
saradimg.dll エンジンによる高性能な画像処理を実現しています。

β版(64bit) を入手する(期間限定公開)

 

 

siTweak 操作パネルの説明

Execute Settings
☐ Open folder after completion 完了後、書き出したフォルダを開きます。
 
Output
☐ Layer image

レイヤーイメージを書き出します。

☐ Group layer グループレイヤーのイメージを生成します。
☐ Composite image 合成画像(PSDのサムネイル)を書き出します。
☐ Listing 書き出した画像情報を生成します。
 
Options
☐ Apply layer effect (simple)

ラスタライズされていないレイヤー効果を一部簡易的に再現します。

☐ Structured output folder

書き出し先のサブフォルダにレイヤーのグループ構造を反映させます。
階層が深くなり、ファイル名が長くなる場合は適用されません。

☐ Background composition

背景を含めます。

透過/半透過部分に背景画像を合成します。
アンチエイリアスなどによる、半透過表現が含まれる画像からアルファチャンネルを持たない画像へ変換する場合に有用です。

☐ Leave transparent color

透過情報を可能な限り残します。

たとえば、透過情報を持たない画像へ変換する場合、透過部分を指定色で塗りつぶします。

☐ Layer triming レイヤーの余白を取り除き、必要最小限のサイズにします。
☐ Pack to atlas image

レイヤー画像をすべて一つの画像にまとめます。
(アトラス/SpineAtlas画像データ、パッキング画像データ などと呼ばれる形式)

”Width”へ出力画像の横幅を指定します。縦のサイズは自動で計算します。

 
Conversion format
・PNG PNG画像形式で保存します。
・BMP BMP形式で保存します。
・GIF GIF形式で保存します。(No care)
・JPG Jpeg形式で保存します。(No care)
 
Color reduction
・RGB A8888

Trueカラー。 通常はこちらです。劣化なく書き出します。

・RGB A6666

各色の色深度6bit(アルファチャンネルを含む)、合計24ビット表現の画像に変換します。※1

・RGB A4444 各色の色深度4bit(アルファチャンネルを含む)、合計16ビット表現の画像に変換します。※1
・RGB A5551 RGBの深度4bitに透過情報1bitを加えた、合計16ビット表現の画像に変換します。※1
・RGB 888

24bitフルカラー画像に変換します。アルファチャンネルは持ちません。※2

・RGB 565 各色の色深度R5 G6 B5、合計16ビット表現の画像に変換します。アルファチャンネルは持ちません。※2
・RGB 555 各色の色深度R5 G5 B5、合計15ビット表現の画像に変換します。アルファチャンネルは持ちません。※2 ※3
・Index Color 256 フルカラー中、画像表現に必要な256色を選んだパレットを持つ画像形式に変換します。(8bitインデックス画像形式)
・Index Color 240 + 16 選ばれた240色に、基本色16色を加えた合計256色のパレットを持つ画像形式に変換します。(8bitインデックス画像形式)
・Index Color 255 + 1

選ばれた255色に、透過を意味する指定の1色を加えた合計256色のパレットを持つ画像形式に変換します。
”Leave transparent color”オプションが有効になります。

・Index Color Web safe Web セーフカラー216色 のみを使った画像に変換します。
・Use Parette ユーザー指定のパレット使って画像を変換します。
パレットは”.pal”形式のファイルまたはBMPファイルにて指定します。

※1 保存形式は規格上32bit画像形式となります。下位ビットには輝度再現のために保管された値が入ります。
※2 アルファチャンネルを持つ画像から変換する場合、Optionの設定に依存し背景をブレンドします。
※3 保存形式は規格上16bit画像形式となります。下位ビットには輝度再現のために保管された値が入ります。

 
Transparent color
Black Pink Red White Green Blue 透過色を指定します。
”Leave transparent color”が指定されると、透過部分はこの指定色で塗りつぶされます。

 

 

 

使い方は簡単 ...

上記の設定を行い、"Execute, Convert PSD file ..." ボタンをクリックするだけです。

ファイル選択ダイアログが表示され、ファイルを選択し、"開く"ボタンを押すと変換を開始します。
初回実行などの保存先が指定されていない場合は、保存先を指定するダイアログが表示されます。

”...”ボタンにより保存先が変更できます。

 

 

saradimg.dll

VBAからの利用例

 

 

独自ツールの開発に役立ててください。

saradimg.dll ライブラリ(DLL)は、独自アプリケーションでのご利用はもちろんのこと、VBAからも使えるよう作られています。

「PSDデータの仕様書を作りたい」

「Excelで画像部品のドキュメントを自動生成したい」

など、業務オートメーションなどに活用していただけます。

 

Excelシート上にレイヤー画像、座標情報等の一覧を自動で書き出した例

ライブラリに含まれる画像合成機能を使って、書き出した画像データと、シートの情報から、プレビュー表示を行う例も含まれています。(画像は他から持ってきた画像でもOK)
また、合成した画像は、PSDファイルへ保存することができます。

VBAマクロ サンプル

# siTweakに同梱のsaradimg.dllをカレントフォルダへ置いて実行してください。
# また、32bit版Officeをご利用の場合はx86フォルダ内のdllをお使いください。

※サンプルで使用したPSDフリー素材の入手先: https://www.psdking.eu/606/blue-milk-ui-kit.

 

PSDファイルのすべてのレイヤーをフォルダ構造に書き出す ExcelVBAによるシンプルなマクロ

VBAマクロ サンプル(ソース閲覧可)

 
 
 

 

SDK

 

 

saradimg.dll API 仕様

準備中

 

サンプルソースコード   

 

siTweak ソースコード

Excel VBAマクロ ソースコード
 
 

 



不具合などございましたらこちらまでご報告いただければ幸いです。

ご感想やご要望、ご依頼、(ご支援) なども お待ちしております。

商用でご利用の場合はご相談ください。

 
Update : June 21, 2021
Copyright © 2021 sarad software. All rights reserved.