高性能 PSDファイルコンバーター PSdivider

 

 

PSDファイルのレイヤーを様々な形態で高画質に書き出します.
ゲーム制作や組み込み向けソフト、Webコンテンツ用の画像の加工に!

     
 

こんなときに・・・



Photoshopを使わずに、PSDファイルを変換したい。

レイヤーを画像部品として書き出したい。

レイヤーを結合して書き出したい。レイヤー構造をLive2D用にシュリンクしたい。
画像の色表現をVRAMや実装に合わせて最適化したい。
グラデーション表示が汚くなる、マッハバンドが出て困っている。減色を高画質に行いたい。
レイヤーをテクスチャアトラス、スプライトシートなどのレイアウトに書き出したい。
エクスプローラでPSDファイルのサムネイル表示をしたい。
既存の互換ソフトではうまく読み込めない。絵が変わってしまう。
ファイルが読めない。古いバージョンのPhotoshopで読み込みたい。
PSDデータの構成をExcelなどのドキュメントにしたい。

など・・・

 

 

     
 
msi インストーラー形式:
Download - 64bit版 (β)
7zip形式(インストール不要):
Download - 64bit版 (β)


連日の更新申し訳ありません。逐次更新しておりますので、常に最新版をご利用ください。
読み込めないPSDファイルや不安定な状況も 随時更新しています。

 

使い方は簡単 ...

ファイルをパネルにドラッグアンドドロップするだけ

 

Excelから利用する

APIをVBAから利用すれば、PSDを可視化したドキュメント作成なども

 

パネルの説明


実行オプション
”ファイルを選択して実行する ...”ボタン 実行するファイルの選択ダイアログが表示されます。
☐ 完了時に保存先のフォルダを開く 完了後、書き出したフォルダを開きます。
 
出力データ
☐ レイヤー

レイヤーイメージを書き出します。

☐ グループイメージ グループレイヤーのイメージを生成します。
☐ 合成画像 合成画像を書き出します。
☐ 非表示レイヤー 非表示のレイヤーも書き出します。
 
グループを要約する
・無効
・1階層 レイヤーグループを合成し1階層のレイヤー画像にまとめます。
・2階層 1階層目のグループ構造は維持し、2階層目のレイヤー画像をまとめます。
・3階層 2階層目までののグループ構造は維持し、3階層目のレイヤー画像をまとめます。
・全階層 末端の階層レイヤー画像をまとめます。
   
オプション
☐ 簡易エフェクトを適用する

ラスタライズされていないレイヤー効果を一部簡易的に再現します。

☐ グループ構造を維持して出力する

書き出し先のサブフォルダにレイヤーのグループ構造を反映させます。
階層が深くなり、ファイル名が長くなる場合は適用されません。

☐ バックグラウンドを合成する

背景を含めます。

透過/半透過部分に背景画像を合成します。
アンチエイリアスなどによる、半透過表現が含まれる画像からアルファチャンネルを持たない画像へ変換する場合に有用です。

☐ 不透明度を適用する

レイヤーの不透明度を出力画像に適用します。

☐ 余白をトリミングする レイヤーの余白を取り除き、必要最小限のサイズにします。
☐ リンク画像を結合する リンク指定のレイヤーを結合して出力します。
☐ リストファイルを出力する 書き出した画像情報の一覧を生成します。
☐ パッキングして出力する

レイヤー画像をすべて一つの画像にまとめます。
(アトラス/SpineAtlas画像データ、パッキング画像データ などと呼ばれる形式)

”Width”へ出力画像の横幅を指定します。縦のサイズは自動で計算します。

 
出力フォーマット
・PNG PNG画像形式で保存します。
・BMP BMP形式で保存します。
・GIF GIF形式で保存します。(No care)
・JPG Jpeg形式で保存します。(No care)
・PSD Photoshop形式で保存します。
 
減色モード
・RGB A8888

Trueカラー。 通常はこちらです。劣化なく書き出します。

・RGB A6666

各色の色深度6bit(アルファチャンネルを含む)、合計24ビット表現の画像に変換します。※1

・RGB A4444 各色の色深度4bit(アルファチャンネルを含む)、合計16ビット表現の画像に変換します。※1
・RGB A5551 RGBの深度4bitに透過情報1bitを加えた、合計16ビット表現の画像に変換します。※1
・RGB 888

24bitフルカラー画像に変換します。アルファチャンネルは持ちません。※2

・RGB 565 各色の色深度R5 G6 B5、合計16ビット表現の画像に変換します。アルファチャンネルは持ちません。※2
・RGB 555 各色の色深度R5 G5 B5、合計15ビット表現の画像に変換します。アルファチャンネルは持ちません。※2 ※3
・Index Color 256 フルカラー中、画像表現に必要な256色を選んだパレットを持つ画像形式に変換します。(8bitインデックス画像形式)
・Index Color 240 + 16 選ばれた240色に、基本色16色を加えた合計256色のパレットを持つ画像形式に変換します。(8bitインデックス画像形式)
・Index Color 255 + 1

選ばれた255色に、透過を意味する指定の1色を加えた合計256色のパレットを持つ画像形式に変換します。
”Leave transparent color”オプションが有効になります。

・Index Color Web safe Web セーフカラー216色 のみを使った画像に変換します。
・Use Parette ユーザー指定のパレット使って画像を変換します。
パレットは”.pal”形式のファイルまたはBMPファイルにて指定します。

※1 保存形式は規格上32bit画像形式となります。下位ビットには輝度再現のために保管された値が入ります。
※2 アルファチャンネルを持つ画像から変換する場合、オプションの設定に依存し背景をブレンドします。
※3 保存形式は規格上16bit画像形式となります。下位ビットには輝度再現のために保管された値が入ります。

☐ 効果的な拡散処理を行う

減色時に問題となる中間色の再現やマッハバンドなどを目立たなくします。

 

高画質減色処理 実行結果例

オリジナル (1677万色 フルカラー)

6万5千色 (RGB565 16bitカラー) へ減色
256色 Indexカラー へ減色
     
オリジナル (1677万色フルカラー)
256色 GIF(処理なし)

256色 GIF(高画質化)

透過色指定
Black Pink Red White Green Blue 透過情報を持たない画像形式に変換した場合の透過部分を示す色を指定します。
”透過情報を極力維持する” が指定されると、透過部分はこの指定色で塗りつぶされます。

 

 

 

 

     
 

PSdivider が起動できないとき...

・インストール時にエラーで終了する。
・vcruntime140_1.dll が見つからない などのメッセージが出る。

ランタイムライブラリが見つけられないことにより、このようなエラーになることがあります。

7zip形式版には必要なランタイムライブラリを同梱しておりますので、実行ファイルと同じ場所もしくはSystem32フォルダにコピーしてください。

それでもエラーが出る場合には、Microsoftのページより再配布可能パッケージを入手しインストールしてください。
なお、 saradimg.dll単体でご利用の場合は上記のライブラリは必要ありません。
32bit版か64bit版かをお間違いなくご利用ください。 (32bit版DLL同梱)

 

 

 

 

saradimg.dll

ライブラリの利用例

 

 

独自ツールの開発に役立ててください。

ライブラリは独自のアプリケーションでのご利用はもちろんのこと、Excel VBAからも使うことができます。

「PSDデータの仕様書を作りたい」

など、業務オートメーションなどに活用していただけます。


     
 

例1. レイヤーを書き出す ExcelVBAマクロ


レイヤーをPNG形式で書き出すシンプルなマクロです。

VBAマクロ サンプル(ソース閲覧可)

# saradimg.dll が必要です。(PSDividerに含まれています)
# saradimg.dllをカレントフォルダかパスの通ったフォルダへ置いてください。
# 32bit版Officeをご利用の場合はx86フォルダ内のdllをお使いください。

※ 図のAPI名はシンプルにしており実際の名前とは異なります。

 

 

例2.レイヤーを列挙したシートを作成する ExcelVBAマクロ


レイヤーをPNG形式で書き出して、座標などを含む一覧シートを生成します。 書き出したPNGデータから再度合成した画像をプレビューします。
あらかじめ用意したPNG画像を使い、シートをご自身で作成してもOKです。

VBAマクロ サンプル

 

 

 

例3.PSDファイルをExcelで閲覧する ExcelVBAマクロ


レイヤーの一覧シートを生成し、画像をプレビューします。
上記の例と同様ですが、画像ファイルは書き出しません。

VBAマクロ サンプル

 

 

 


 

SDK

 

 

 

saradimg.dll API 仕様

 

準備中

 
サンプルソースコード

準備中

 
 

 



不具合などお気づきの点がございましたらこちらまでご報告いただければ幸いです。

ご感想やご要望、ご依頼、(ご支援) なども お待ちしております。

商用でご利用、マクロ作成のご依頼はもご相談ください。

 
Update : November 16, 2021
Copyright © 2021 sarad software. All rights reserved.